うちわの起源とは

うちわは現代でも、夏になるとおまつりなどを中心に利用されています。暑い日などにどこにいても手軽に使うことができて、風を起こすことができるので、常に持ち歩いている方もいることでしょう。うちわの起源は今に始まったことではなく、実は古くからある道具です。本当に古いと紀元前3世紀、中国の周の時代からあるとも言われています。

紀元前と聞いただけでもそんな時代だったのか遥か昔の時代ですのでピンとこないですよね。日本でも近年に始まった道具ではなく、万葉集にも歌われるくらい昔から存在します。奈良時代には今の時代のように扇いで涼しくなることだけが目的ではなく、陽射しを遮るものや飾り物としても使われたと言われています。平安時代には扇子の人気が高まってしまい、うちわの人気が下がり生産されなくなってしまった瞬間があります。しかし、その後は戦国時代になると武将の軍配うちわとして復活をするのです。

今のような紙製になったのは江戸時代のあたりからです。技術も上がってきて大量に生産もできるようになったため、それまでは上層の人達の間で使われてきていたのですが、庶民にも広まり、様々な生活の中で利用されるようにもなってきました。近年に近くなってきて盆などの祝儀用にうちわが活用されるようになって、今では宣伝用のうちわとして使われるようになりました。うちわは今に始まったものではなく、長い歴史があります。昔から親しまれていたわけです。

img01

うちわの種類

img02

うちわと聞くと、よく広告が載っているスタンダードな形のうちわが思いつきますが、実は色んな形や素材があります。同じような丸みが帯びているものでも楕円形などがありますし、大きさも大きいものから小型で小さいものまで存在します。骨組の・・・

うちわと扇子

img03

うちわに似たようなものといえば、扇子です。この2つは似ているため、その違いがいまいちわからない方もいるでしょう。うちわの定義としては丸い形状の扇ということになります。折り畳み式も実はあり、360度開いて仰ぐこともできます。・・・